第58回上南戦を振り返って

2017年第58回上南戦(上智大学・南山大学)における各種企画・制作のお手伝いをさせていただきました。主にやり取りをさせていただいた田甫 武大さんにお話を伺って参りました!

上智大学 第58回上南戦実行委員委員長 田甫 武大さん

 

 

K(担当清原、以下K) :スターフォームと出会ったきっかけとその時の印象を教えてください。

T(田甫さん、以下T):スターフォームさんとの出会いは、確か昨年の12月頃。前年度の上南戦実行委員長をされていた先輩から声を掛けて頂いて「上南戦に携わりたいという企業の方がいらっしゃるからちょっと会ってみないか」と言われたので紹介いただき、清原さんとお会いさせていただきました。

でもそういうざっくりとした説明だったので、「一体どういう風に関わりたいんだろう、どんなメリットがあって上南戦に関わりたいんだろう」って、ちょっと疑心暗鬼なとこはありましたが。笑

最初にお会いさせていただいた際に、例えば全体的にこういうプロデュースをしたいとか、パンフレットやグッズはこんな感じで作るのはどうかなど、ご提案いただきました。

提案書や過去の実績を見せて頂いて、僕の中でもパンフレットの改善をしたいだとか、集客の面で困ってるとか率直にお話をさせて頂きました。その時思ったのは、実績の成果物を見せていただき、これだけ良い物を作ってくれるんだなって率直にそう思いました。これだけ良い物作れるんだったらすごいなっていう風に思って、そうですね、その日はワクワクしました!

 

K:本年(2017)の上南戦にはどのような目的を持って取り組みましたか? 

T:そうですね、今年は特に例年から比べて1ヶ月遅れで夏の開催になったこと、全天候型の外部会場の準備やパンフレットの刷新など、上南戦の節目になる年というか、そういった意味で今年はもう絶対に何が何でも成功させないと後に続いていかないなと考えていました。僕は特に、本学生に上南戦の一層の周知を図り、当事者意識を萌芽させ、少しでも多くの方に参加してもらいたいと考えていたので、それを目的に取り組んでいました。

もちろん例年通りの仕事もこなしながら、パンフレットの一新や過去にない企画を進行しました。上南戦マスコットガールの新設など結果的に色々な企画をやっていく中で、一般の人にも「上南戦。あれ?今年新しいことやってるな」と、そういう風に感じて頂けたのかなと思うので、その点に関しては目的は達成できたのかなって思っています。

 

K:弊社の対応はどうでしたか?

T:スターフォームさんは上南戦に関わるのはこれが最初だと思うんですけど、僕らは毎年、パンフレットやグッズノベルティだったりとかの製作をそれぞれで業者さんを分けてまして、この度まとめて一括してスターフォームさんにお願いすることにしました。それは1点すごくやりやすかったです。

全て清原さんにご担当頂くことに決め、僕もそれぞれの部署と繋げて、その後各部署とうまく進行できているのか気になることがありましたが、逐一清原さんがご報告してくださったのですごく管理しやすかったです。

何より一番驚いたのが対応が物凄く迅速だったということ。僕の中ですごく驚いていて、上南戦の日程が近づいてきて、うちわであったりインスタグラムのパネルであったり、、、正直この時期に依頼したらすごくご迷惑かかるし絶対に無理だろうと思って一応ダメ元で発注のお願いをするのでが顔色を何一つ変えず、悪い顔を微塵も見せず「大丈夫ですよ。じゃあこの日までに納品するので、こういうスケジュールでto doをこなしましょう。」という具合にご対応いただき、「え?!出来るの?」という驚きを何度も感じていました。

 

K:みなさんのために最大限のパワーを発揮しました。

T:その点においては本当に信頼していました。学校の職員の方とも話してたんですけど、「これー納品間に合いますかね?」て話したときに「スターフォームさんならいけるんじゃない?」と最終的になっていたんで、もうそのくらいの信頼をおいていました。

 

K:本当に嬉しいです。

T品質も満足しています。例えば、タオルは前年度も作っていたんですけど、質が悪くて売れ行きも悪いし、買った方も「ちょっとこれ質悪いね」ていうのは聞いてたんで心配していました。今年に関しては凄く売れて、もう手にとってくれた方も「品質いいね」って言ってくださったので、品質の方もバッチリでした!上南戦のロゴを作っていただいたのですが、これも多方面で「かっこいいね!」と言ってもらえ、各告知物やSNSでも高評価のお声をいただき、本年だけでなく経年で上南戦の認知を広め深める一歩になったのではと感じています。

 

K:田甫くんの上南戦への想いがカタチになった「田甫スペシャル」ですね。その熱い気持ちをカタチにするお手伝いができて僕も感動しました。

上南戦ロゴ

 

T:そうですね。僕はもちろんこのグッズだったりとかノベルティだったりとか表に出て配るものや目に見えるものも凄く沢山作って頂いたのですが、それ以外の事務的な資料、例えば企業協賛に必要な書類だとかマスコットガールの企画提案書だったりなど全て作って下さったので、それを僕が読んで理解して提案するっていうカタチがすごくやりやすかったなって感じていました。

新しい取り組みが多くあったのですが、新しいことに取り組むのにマニュアルがあって、それに沿ってあとは少し振れ幅あるところを対応して。そんな流れがすごくやりやすかったです。

上南戦マスコットガール
上智大学美女図鑑と連携し、twitter等でも情報発信

 

K:田甫くんやみなさんが本当に時間を割くべきところ、そこに集中していただけてよかったです。すごく褒めていただいて恥ずかしいくらいですが、逆にこれは直してほしいといったご意見はありますか?

T:そうだな・・・こんな感じで結構考えないと出てこないくらいスターフォームさんに頼んで良かったなって思うことばかりなんですけど、さっき話し合いで清原さんがおっしゃってた、グッズのデザイン提案が最初少し滞っちゃったところですかね。早めに詰めて、デザインはこんな感じでいこうかと決定できていれば、もうちょっと早くグッズを作成できたのかなって今話し合いをした中で思いました。ちょっとのことなので支障はなかったですけど、強いてあげるとすればでしょうか!

 

K:すみませんでした!田甫くんと過ごした春は素敵でした!笑 ところでスターフォームのスタッフは親切でしたか?

T:親切も何も、、、これ以上ない対応でした。もう本当に。僕はたくさんの企業様と電話やメールでやり取りさせて頂くのですが、スターフォームさんに関しましては清原さんとLINEでのやりとりが基本だったので物凄く距離が近いと感じていました。本当に堅苦しくなく、ちょっと何かあれば LINEで質問や相談をして。相談から何から何でもいいからフランクにやり取り出来るようにと寄り添っていただきました。

本当に親切というか、僕は上南戦実行委員会の中に清原さんが入ってたんじゃないか?という感覚で思っていました。申し訳ありません、なんかあまり企業さんというよりかは、本当に本当に親切にご協力頂ける方だと思って接してました。そのくらい親身になって活動にご協力頂いたので本当に助かりました。

 

K:嬉しいです。僕は上南戦実行員になったつもりでいました。田甫くんやメンバーの皆さんがとても熱く、とても優秀でしたので、すごく刺激を受けました。ただの業者の兄ちゃんと思われたくない、熱い気持ちをカタチにするんだ。そんな想いがありました。
スターフォームのスタッフは上智大学生や職員の方が大好きですが、上智大の皆さんはどうですか?

T:まず、ありがとうございます。なんかこうやって改めて言葉にしてくださると照れくさいんですけど、なんかひしひしと感じてました。すごく関わってくれてるなと思って。仕事を越えて、なんか本当に上南戦のこのやり取りが好きなんだなってすごく感じています。もちろん僕は、はい、大好きです。スターフォームさんの活動が大好きですし、僕だけじゃなくてグッズの担当だったりとかパンフレットの担当の人にも「スターフォームさんとのやり取りどう?」って聞くんですけど、まぁ悪い返事は返ってこないですね。仕事出来るしやり取りも早いし本当に助かってるって聞いていたので、スターフォームさんの活動、ご協力に大満足ですし皆大好きだと思います!

 

K:ありがとうございます。本当に感動しています。

T:僕達の代はこれで終わりなんですけど、来年再来年、来年特に上智大学でなく南山大学のほうにやり取りして頂いて南山大学の方も大好きになって頂いて、これで上南戦ももっともっと盤石な体勢を築いていけたらと思っていますので、ぜひそちらのほうもよろしくお願い致します!

言わずして伝える、オーラをまとう_T.S

T.S

神戸市垂水区で生まれる
神戸科学技術高校サッカー部卒
立命館大学サッカー部卒
大手商社に勤める

CHECK POINT
✔️全国大会している名門高校サッカー部に入部する
✔️高校2年生でヘルニアを患い、7ヶ月サッカーを離れる
✔️就職との天秤のなか、大学でもサッカーをやることを決意する
✔️主務としてチームの評価制度を作る
✔️面接に行った5社から全て内定をもらう

 

Q.高校はどこでサッカーしていたの?

神戸科学技術高校サッカー部というところでやってました。実は、高校1年生と高校3年生では瀧二破って全国大会出場している強豪校なのです。同級生にもJリーガー稲垣雄太(関西国際→町田ゼルビア→びわこ)、伊佐耕平(大阪体育大学→大分トリニータ)などがいます。

*瀧二 滝川第二高等学校のことで、現在日本代表の岡崎慎司選手をはじめたくさんのプロ選手を排出している名門高校。

Q.えっマジ?T.S君そんなサッカー凄かったんや。

ちなみに、小学校は全国で準優勝してるんですよ。同級生は関学サッカー部の主将とかしてましたし。でも、それがね、高校時代は高校2年生まではいい位置にいたのですが。高校2年生の時、ヘルニア患って7ヶ月サッカーできなかったんですよ。選手としてチームに貢献できなかった。高校はやりきれなかった。

Q.燃え尽きられへんかったんね。で大学でサッカーを続けた?

実は僕、片親で学費が厳しそうだったので、高卒で就職するか凄い悩んでいました。工業高校なのでトヨタ系のところいって仕事しても良いと思っていました。でもやっぱりサッカーまだやり切れてないなって思って。大学でサッカー部入って、選手としてどこまでやれるかやって自分の限界を見極めようと思って大学進学を決意しました。大学で追い抜かしたるって。

Q.俺も高校もサッカーやろうと思って体験入部行ってみたことあるねん。推薦の選手が一杯おって、人数も多くて層もかなり厚いからサッカー続けるのやめたんよ。大学サッカーって人数も多いしかなりレベル高いよね?

150人規模のチームだったのでかなりスタメンは遠かったです。上手な子がたくさん入部してきました。でも上手い奴らでも、走るのダルがったり、愚痴こぼしている子も多くいたので、僕は、練習は手抜かんとこう思てやってました。サボる視点は一切なかったです。一番最初にグラウンド入って、最後までやろうと決めていました。もちろん雑務も。サッカーできることだけでありがたいことだと思ってましたから。でも頑張ってもスタメンは遠かったですけど。

531240_242048335916055_1272275855_n

Q.サッカー部で主務してなかった?

3回生になった時に部内の役割を決めるんですけど、そこで副務となって4回生は主務になりました。皆サッカーが上手くなりたくて部活やっているので、基本的には副務とかの仕事嫌がるんです。だから、投票して決めてました。その投票の9割が僕に入ったのです。ちなみに主務やりながらでもプロ選手となった人はいるのですけど。ちょうど、そういう副務の仕事をこなすようになった時ぐらいからですかね、ダメな部分でもあるんですけど自分が勝つことよりもチームが勝つことを考えるようになっていきました。

Q.主務として取り組んだことは?

具体的には、自分のプレーを見てもらえているか?

部員150人いたのですが、1人の指導者が見ることのできる人数は25人までと言われてるんです。監督コーチは2人しかいなかったので完全にキャパオーバーでした。いいプレーした次の日に自分がスタメンの名前がなかったりするとモチベーションが下がるじゃないですか。でも、外部コーチ等は金銭的に増やすことが無理でした。だから、朝から晩まで行われている練習を幹部誰かが必ず1人は見る。監督コーチが見きれなかった部分をみる。監督に評価を届ける。というルールを作りました。

幹部は自分の練習もあるのに、皆の練習も見なあかんくて大変だったと思います。ただ、プライベートの時間も犠牲にしてやってくれたので、幹部が背中で見せる行為みたいなものが、結果チームの一体感をもたらしました。

Q.同じ職場で、全然仕事せーへん奴が、自分よりよーけ給料もらってたら嫌やもんな。評価の平等性か。おもしろい取り組みやね。

サッカーをひたすら上手くなること考えたり、チームが強くなることをひたすら考えた。そいういう時間は就活や社会人生活でも影響あえたえているかも。サッカーがある意味下手で良かったも。

Q.T.S君、えーこと喋らすと、どんどんタメ口なってくるな。

すいません。

Q.さっき、就職ってワード出てきたけど、一般学生と体育会学生の就活って何か違うとこあった?

体育会学生って就活では優遇されているイメージですが、僕は体育会学生って、打ち込むことがあることがあるってことに慢心している学生が多い気がしています。悪く言えば、使えない人間も多くいると思ってます。才能だけでやってきてる人も多い世界なので意外に泥臭さがない子が多い。

いま部活できているっていうことが、どういうことなのか?とか、自分から部活とったら何が残るのか?なんてことは試合出ている人や出ていないない人…誰にでも考えることが出来ると思うんです。逆に、そういうことを深く考えている人間は、人間的な幅を感じますよね。

Q.確かに、体育会出身のビジネスマンて、スポーツの経験を力に変えていく者と、全然頑張られへんやつと二分化されるかもね。それでも、T.S君、人気の大手商社に内定ととれたのは凄いね。

僕は就活の時期、部員全員の練習を見ないといけなかったので、朝から晩までグラウンドにいないとけませんでした。僕を含めて幹部は合計7人いましたが、他は全員プロ志望だったので就活してなかったのです。僕には就活も大切でしたが、サッカーをやりきることも大切でした。何より、いいだしっぺの僕がルールを破る訳にもいかなかっですし。

そこで、受ける企業を絞ることと、時間を割かれる説明会やOB訪問にはいかないことを徹底しました。面接では説明会やOB訪問に来ていないことを突っ込まれることもありましたが、就職サイトはしっかり読んで行きましたし、出来ることはやっていったので堂々と振る舞いました。あとは、筆記テストの準備を必死にやりました。点数とれればうかるかも?って思って必死に信じて勉強やろうと。SPIとか傾向の問題はほぼやったので、筆記試験はほぼ通りました。結果的には、9社にエントリーして4

社筆記で落ちました。5社面接を受けましたが5社とも受かりました。T自動車、Kエンス、Mタルワン、Fリテーリングなどです。

説明会いって安心している時間はなくて、中身を磨くことに時間をかけました。部活真剣にやっている人間はそんなとこも本当に頑張っているんだということを言わずして伝える、オーラをまとう。そういうことが重要だと思います。

Q.社会人として働き始めて3年経つけど、どんなこと感じる?

入社することがゴールの人間が多いんだなって良く感じます。高学歴の人間が多くて頭は良いかもしれないけど、それで満足しちゃってる人間が多い。モチベーション高い人間が多い環境の中でできると思ったけど自分のことを優秀と勘違いしている人間も多い。2−6−2の法則なんていいますが、本当に組織が違えど同じなんだなと。

なんかどんどん発言が鋭くなってきたね。T.S君の真骨頂の社会人編と恋愛編で聞くとするわ。さぞ恋愛のテクニックもずば抜けてるんやろうから興味あるわ。

次回T.S〜社会人・恋愛デレデレ編〜乞うご期待〜

大学体育会マーケティングは、株式会社スターフォームへ!
体育会就活は、オファーボックスアスリートへ!