17卒体育会500人に就活アンケートを実施

2016年、経団連は新卒採用の選考解禁日を8月1日から2ヶ月前倒しの6月1日変更した。その初めての就活生が17卒の学生である。就活スケジュールの変更は、体育会学生の活動にどのような影響を与えたのか?先輩達のアンケート結果を参考にし、これから始まる就活に活用して頂きたい。

 

オレのぼやき:体育会学生はやっぱり大手思考が強い。向こう5年でベンチャー企業へ就職希望も増えて欲しいとオレは願っている。

 

オレのぼやき:7月時点で約24%の体育会学生に内定が出ていないことにびっくり。公務員志望の学生も含まれていると思うが、8月以降にトップシーズンを迎える競技も多いので早めに就活と向き合っておきたいところ。

 

オレのぼやき:6月以前に半数以上が最初の内定を獲得している。企業側の採用時期が多様化している点を学生にチェック頂きたい。

 

オレのぼやき:すでに引退している体育会学生は、本命企業から内定をもらうまで就活を続ける事は可能。しかし部活を続けている学生は8月以降の活動は困難と言えよう。という意味で実質7月までが勝負という印象。

 

オレのぼやき:見事な分散。春に大会がある競技は多いので体育会学生の就活はやっぱり忙しい。準備が必要だ。

 

オレのぼやき:思った以上に自由に休めるチームが多かった。就活を理由に、好き勝手休みすぎるとチームの和が乱れるという話を良く聞くので注意しよう。

 

オレのぼやき:競技で忙しい中、31%の参加にビックリ。

 

オレのぼやき:体育会学生が納得できる就活をサポートするツール、オファーボックスアスリートに注目したい。

 

*対象   17卒体育会学生 男性395名 女性121名回答
*実施期間 2016年7月6日~7月24日
*調査   株式会社スターフォーム

 

 

体育会学生はオファーボックスアスリートに登録しよう!

lp_btn

菅平で出会った10人の五郎丸候補

ラグビー聖地で見た景色

 

菅平ってどんなとこ?

編集班は大阪駅より菅平高原にカーナビを設定した。距離にして460キロ、時間にして約5時間30分。合宿や遠征のバス移動を考えると距離としては少し遠のでは?と感じながらもエンジンを始動した。九州のチームなどは福岡空港より羽田空港まで飛行機で移動しそこからバスで約2時間〜3時間かけて到着するという。大阪から5時間30分、東京から2時間、その他のエリアからもかなりの時間をかけてまでたくさんのチームが集結する菅平にはどんな魅力があるのだろう?と期待に膨らませて車を走らせた。

菅平高原は標高1250m〜の高原地帯だ。高原にたどり着くには山道を30分ほど車で走らなければならない。乗り物が苦手な学生はバスの中で憂鬱な気分になっていることが十分に想像できる。そんなクネクネ道を登りきると、そこには想像もつかなかった景色が広がっていた。

菅平高原

高原ならではの山と雲のコントラスト。広大なレタス畑。各グラウンドで行われているラグビーの試合や練習。ぞろぞろと歩いている屈強なラガーマン達。強い日差しにさわやかな風。生きていて良かった、生まれてきて良かったと思わせてくれる素晴らしい環境である事は一目瞭然だった。高地で、夏でも冷涼な気候であり、空気が薄くトレーニングに適していることや全国のチームが一点に集まることを考えると、菅平高原はまさしく「ラグビーの聖地」という名にふさわしい。

 

菅平観光協会 

菅平にチェックインしたらまず訪れておきたいのはここ観光協会。菅平の中心地に位置し、編集班もここで高原グラウンドマップや合宿日程表(有料)をゲット。このマップがなかったらグラウンドにはたどり着けないくらい菅平は広大なので要チェック。

また、この建物の中には整骨院が併設されており、合宿中にケガをした人間が足しげく通う。整骨院は何時行っても満員状態。たくさんのけが人を見て、ラグビーは本気のコンタクトスポーツだと改めて実感。

菅平観光協会

菅平高原クリニック

ラグビーショップ

菅平の中心部に5店舗以上あるラグビーショップ。ラグビー部の合宿は1週間以上の長期間のチームも多数。長期合宿の間に挟むオフの日は温泉に行くチームやラグビーショップでショッピングを楽しむチームと様々みたいだ。

ラグビーショップ

 

飲食店(名物)

大学ラガーマンに菅平の癒しは何か?と尋ねると決まって帰ってくるのが、馬刺とケバブ。編集班もケバブを頂くことに。確かにやみつきになる味!他にもたくさんの飲食店やお土産などが点在する。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-25-12-16-41

 

グラウンド  

マップ情報によると菅平では総グラウンド数は100のコート以上が存在する。そのほとんどが芝と人工芝グラウンド。大学ラグビーを中心に、大学陸上、高校ラグビー、高校サッカー部などが合宿を行っている。

菅平ラグビー

 

Continue reading “菅平で出会った10人の五郎丸候補”