日本代表GK川口選手がかっこいいな_藤田 翔士

藤田 翔士

1988年
大阪府堺市
御池台小学校
庭代台中学校
関西大学体育会サッカー部
株式会社ベネフィット・ワン

CHECK POINT
✔️両親はバスケ出身だがサッカーをはじめた
✔️川口能活選手が好きでGKになった
✔️高校サッカーの出場機会が増えた事に関して羨ましく思っている
✔️大学時代インカレで日本一になった
いつからサッカーしてたの?

僕は幼稚園からサッカーしていました。両親は両方バスケ出身なのですが(笑 ポジションは小5年からGKでした。僕が小4の時、98年フランスW杯時が開催されていたのですが、当時の日本代表GK川口選手がかっこいいなと思ったのがきっかけです。

中学、高校もずっとサッカー?

小学校も中学校も堺市で一番のチームにいました。大阪でベスト16位のチームです。中学はでたりでなかったりですがサッカーを続けていました。中2〜3は受験の為の塾に通っていましたが、戦績は悪い方では無かったので無事、関大一高に入学できました。そこでもサッカー部に入りました。

関大一高サッカー部って俺が体験入部で辞めたチームやん。推薦多いし、グラウンドは学校から遠いし大変じゃなかった?

実家の堺から、1時間半かけて高槻まで行ってました、学校の関大前までは約1時間くらいかかりました。学校がある日は、1時間かけて学校行って勉強して、そこから1時間かけて高槻のグラウンド行って練習して、1時間ちょっとかけて家まで帰ってました。

体力が変態やな。ところで関大一高校のサッカー部ってさ、挨拶の時に“おう”とか“しょう”とか言てたとけど、あの擬音みたいなのはなんなん?

“おう”がおはようございます、“しょう”が承知しましたの略というのは噂では言われてますが定かではありません。使い方としては、始まりの挨拶。例えば、おはようございますやこんにちは等は、“おう”。お別れの挨拶。失礼します、お疲れさまでした、解りました等は“しょう”で使っていました。

だとしても解らへんよな。なんで略すのか。

卒業してから、監督に挨拶する時、“おはようございます”っていうのか“おう”っていうのか迷いましたよ(笑

藤田君、肝心のサッカーはどうやったん?

中学の時は自由にサッカーをさせてもらってた感じがあります。当時顧問が素人だったのですが、外部コーチがいてセルジオと一緒にやってた人で凄い人でした。高校は大変厳しいボスで大変でした(笑

選手としては、一番のウィークポイントは体が小さいことでした。その辺りは高校時に同じ進捗程度なのに奈良選抜だった先輩のGKから基礎から学ばさせて頂いたのでプラスに捉えていけるようになりました。

高校の時は、新人戦、インターハイ、選手権には出場できなかったのが悔しかったです。いまの高校生がうらやましいですよ。プリンスリーグや大阪府リーグなどがあるので試合回数が多く出場のチャンスが多い。当時は選手権一発でした。僕は常にシードなので、選手を実践で試すことも出来ない時代でした。

なるほどなぁ当時、ラモス瑠偉が言ってたもんな。“日本サッカーは1軍以外の出場機会が少なすぎる”って。どんなダイアモンドでも経験値がなかったら輝くことはないって。ダイアモンドの行は俺の言葉やけど。

まさにその通りです。

270083_194237873966283_6484585_n

出場機会にはなかなか恵まれてなかったけど、大学でもサッカーを続けたのは?

出場機会の問題はありましたが、そもそものサッカー自体が好きでしたので迷ってはいませんでした。高校の先生の勧めと、小学校からずっと一緒のチームでサッカーをやってきた藤山って友達が“練習いつから行く?”って高校卒業間近の2月位に誘ってくれたのがきっかけで、大学でもサッカーをやりました。

高校サッカーとの違いはあった?

大学の練習は7時半30からはじまる。授業は9時からはじまって、そしてまた昼も練習がある。授業の時間割によっては18時から授業があったりもする。結構大変で、死にかけていました。

また、サッカーのレベルの高さも感じました。高校の時は関西圏から推薦5人程度だったけど、大学は全国から10〜15人暗いの推薦とかAOの人間がきて部員の人数は150規模でなかなかレギュラーを目指せる位置にもいけませんでした。

部員って全員入部できるの?

健さん(当時監督)の独断で決められていました。ある日から推薦以外、練習から抜けなさい。でも練習には来なさい。と言われました。大学でどれだけ本気でサッカーに取り組みたいんかをみられていたみたいです。明日はこの時間誰と誰が練習に出て来て良いというメールがきて、ようやくサッカーができる。長い奴は半年ぐらい。球拾いが半年続いたやつもいる。

それでも150人残るのはサッカーを好きな人がそれだけいるわけやもんね。凄いね。大学サッカーでは折れなかった?

僕がいたのはずっと下の方のチームでした。入部したものの大学時代特有の誘惑もあり、2回生の時に怪我したのですが、体を治す事に本気になれてなくて、身も心も本気になれていなかった時に、2個上の先輩に呼び出されて指導されました。完全に見抜かれていました。そこから向き合っていき、3回生は社会人チームに属していました。

サッカー部に自分の居場所を見つけれた?

関大はGKコーチがいなかった。トップチームに4回生のGKがいなかったこともあり、GKコーチをやっていました。朝と昼で2面ある4チームの練習メニュー等を作っていました。自分の練習はもちろんですが、1回生から3回生までトップに関わる事がなかったのでGKコーチの掛け持ちは充実していました。

そこからのチーム日本一

前期は凄い調子悪かった。関西選手権負けて総理大臣も出れていませんでしたし、リーグも7位か8位でした。エース金園(2回生、3回生得点王)も怪我でした。ジュビロ磐田に内定していたので、あまり無理させんな的な感じでもありました。しかし、後期になってから出場した、4回生や3回生のFWが頑張ったり、普段出場機会の無かった人間がスタメンになって関西2位になってリーグを終えました。そしてインカレは凄い雰囲気が良かったです。

アルバム見てたらわかるよ。独特の仲良いチームのオーラがでてる。

アルバム作って頂きありがとうございました。
一生この仕事続けて欲しいと思っています!

そう?じゃぁ、素敵な日本一アルバム公開しちゃおっか!!

 

彼は現在、福利厚生の会社でバリバリ働く仕事盛り営業マン。溢れ出る熱さや滲み出る熱さが売りの情熱タイプではないが粛々と一定の熱量を保ちゴリゴリドライブしていく、虎視眈々タイプのビジネスマン。そして、ファッションはいつもオシャレ。野球部よりサッカー部にオシャレが多いのなんでだろ。

 

想いを伝える、スポーツチーム向けアルバムの作成は
株式会スターフォームまでお気軽にお問い合わせ下さい!!