営業部

下川 泰弘

Challenge with Star players

〜責任感ある仕事を仲間と共に〜

絶対に必要ではないかもしれない、
でもそこには笑顔がある

父親が建設系の業界で働いており、私自身も建設系のアルバイトを学生時代していたので大卒の就職活動では自然と建設業に絞って就職活動をしておりました。 転職の際には、視野を広げそれまで興味の湧かなかった業界も見てみたいと思い様々な業種を調べ転職活動を行っておりました。 なのでスポーツ業界に絞って探していたわけではないのですが、スターフォームの求人を見つけた時に、スポーツチーム向けのアルバム制作と記載されており一体どういうことをしているのか気になり興味を持ちました。 面接の際に実際にアルバムを観て全くそれまでのイメージとは異なりました。 アルバムは絶対に無くてはならないものではないと私は思います。 しかし学生時代の仲間との思い出や自分自身が本気で部活に打ち込んできたことの証を形として一生残せる商材に魅力を感じました。 また以前の会社は従業員数が多かったですが、次は良くも悪くも目立つ少人数の環境の中で自分が責任感を持ってどこまで通用するのかチャレンジしてみたいと思い、最終的にスターフォームを選びました。

仲間たちと共にお客様に
最大の価値を提供できる

前職のお客様は地主様や金融系の方でしたが今は主に学生様を相手に商品のご案内をさせて頂いているので接し方や入り込み方が全く違い最初は苦労はしました。 営業に関してのスケジュールの組み方、商談方法やクロージングまで一任してもらっております。 その分うまく進まなかった際は自分だけでなく会社の数字に直結するので責任はありますがその時は社長からもアドバイスを頂けますし他のチームの人にも気軽に聞ける相談のしやすい風通しのよい環境だと思います。

柔軟な働き方と
価値観の共有について

アルバムの繁忙期はどうしても忙しくなりますが休みや働く時間は自由だと思います。 休みが取りにくいなどもないですし、今年の夏は五連休も取得します。 こちらも個人の裁量で決めていく形です。 給与面については、やればやるだけですかね。 毎月社長と1対1で月の目標や達成度合いを話しながら、先月の振り返りと今月の目標設定を行います。そして10月に一年の振り返りと次年度の目標設定があります。その時に更新で今年はこれでいく!と決まります。 これまではアルバムという10年の歴史がある安定したものが商材でしたが、これからはどんどん新しいサービスも出てくるので、これから自分が新サービスに対して、どれだけ成し遂げて、どれだけ評価してもらえるかで給与制度については感じるのではないかと思います。 もちろん現段階で不満はありません。

創業から11年
そのタイミングに自分がいられること

会社としてこの10年はスポーツチーム向けのアルバムを基盤に事業展開を行ってきましたが、設立11年目を迎えるにあたり新サービスを始め会社として挑戦の年になると思います。 アルバム事業の10年、新サービスを始める1年目のこのタイミングに自分が関われる事にとてもありがたく思います。 開発チームが苦労して作ったサービスをお客様に対し展開していくのは営業の仕事なので、そこの結果に対してプレッシャーはありますがどれだけ自分がプレスして会社に貢献していけるかが重要になってくると思います。 これまでの安定した商材から新サービスの営業になるので個人的にも挑戦の年になりますが、今後も自分を崩さないように頑張っていきたいです。 もちろんアルバム事業は今後も会社の大切な商材として続いていくので引き続きよろしくお願い致します!