大手メーカーの内定獲得した野球部員のお話

オファーボックボックスアスリートを活用して内定獲得をした、”同志社大学硬式野球部 南俊輔くん”にインタビューを行ないました!

 

企業人事担当者と直接話せる


Q.就活を始めたのはオファーボックスの登録からですか?

そうですね。9月頃オファーボックスの登録説明会で話を聞いて、プロフィールを記入しました。その後の、11月か12月頃に開催された、オファーボックスパーティーに、その内定を頂いた大手メーカーA社と食品会社B社、WEB系C社が来られていたのですが、正直自分はA社のことをあまり知らなくて…当時は食品系に行きたいと思っていて、B社のお話を聞けたらいいなと思って参加しました。そんな深く考えずにとりあえず話を聞きに行こうっていう感じで。

そこで企業の方とお酒を飲みながら触れ合えるっていうスタイルだったのですが、そこで自分の名刺を渡してプロフィールを見て頂けるじゃないですか。ただその場では人が多かったこともあって全然喋れなかったんですよ。でも初めての就活だし、こんな感じかと。その後名刺に書いてあったプロフィール番号から自分のプロフィールを見て頂けたようで、一度企業に来てみませんかと言って下さったんです。そこからA社を調べるようになりました。

企業見学にも呼んで頂いて、色々な部署を回って、どのようなことをしているのかを学んだ後に、人事の方にご飯に連れて行って頂いて。そこで結構フランクな感じで仲良くなれたという感じでしたね。

 


Q.パーティーに行った時はあまり話せなかったようですが。食事に行った時はどのようなことをお話されたのですか?

会社の雰囲気や、仕事の内容ですね。A社は文具のイメージが強かったのですが、文具だけではなく家具とかもやっているので。皆さんがどのような仕事をされているのか、色々聞きました。あとはお給料のことも、結構フランクに喋って下さいました。直接聞くことによって、より具体的になりました。

 


Q.そこから他に就活は行いましたか?

インターンには行かず、リクナビ・マイナビの合同説明会を中心に回っていました。その中で就活が解禁になったら個別説明会のエントリーが始まって、それに参加していくような感じでした。直接会社に呼んでもらったというのはA社だけだったので、そういう意味でも自分が最後に選んだのは、自分に最初に目をつけて選んでくれたっていうのが、会社を決めるひとつの大きなきっかけになりました。

 

部活との両立


Q.積極的に就活できた方だと思いますか?

僕は野球と両立していたので、就活専念組ほど企業を回ることはできなかったですけど、自分なりに積極的に時間を見つけて合同説明会に毎日大阪へ行ったりしていました。朝、合同説明会に行って、昼から練習してっていうのを繰り返して、時間的にはしんどかったですけど、自分的には積極的に動けたかなと思います。

 


Q.面接したのは何社くらいですか?また内定は何社もらえましたか?

15社くらいですね。内定は2社です。自分は大手志向で、金融や保険は全く考えておらず、大きいメーカー一本でいきたいというのが自分の中にありました。そういった企業は色々始まるのが遅くて、エントリー自体は早いのですが、面接は6月からというのが多かったんです。まだ結構持ち駒を持った状態で、まずはA社から内定を頂き、もうひとつ大手製薬会社D社から連絡が同時にきたので、それ以降の就活はしませんでした。

 

Q.A社を選ぶきっかけになったのは、会っていたからというのが大きいですか?

そうですね。やはり会っていたというのが大きくて、その後人事の方にもメールで質問をしたり、何回もご飯に誘って頂いたりしたので。自分はキャンプ中で行けなかったんですけど「関西に来てるからどう?」と気にかけて下さったりして。自分に興味を持ってもらえることほど嬉しいことはないじゃないですか。浅はかかもしれないですけど、そう考えてA社に決めました。面接をしていく中でフィードバックを頂けるのですが、結構良い評価をもらっていたんです。最終の前に人事面談があり、今までの面接でとてもいい評価をもらっていると言われて、でも最終に落ちることもあるからパワーポイントを使って対策しようか、と言って一緒に考えて下さったりしました。最終面接に受かった後も、電話で最終面接官の方が「南くんみたいな人材がうちに来てくれていいのか」と言って下さるくらい気に入って頂けて、嬉しかったですね。

 


Q.企業のハートを掴みましたね。

その後、会社で懇親会があった時に、今までの面接官の方や社員の方々合わせて20名くらいの方が声を掛けて下さって、「本当によかった」と言って頂きました。そこで自分はA社に来てよかったと改めて思いました。D社は、一次を受けたその日、自分でも何が良かったのか分からない状態で、午後から「最終面接を受けてもらえないか」と言われて、最終面接をしました。そこでもほとんど部活のことを言っただけという感じで、何を評価してもらえたのかわからない状態のまま、1週間以内に連絡すると言われたのですが、1週間経っても連絡が来なかったんです。同じ日に来ていた人がみんな不採用通知が来たと言っていたのですが、自分には来ていないなと思っていたら、またその1週間後くらいに、多分補欠で入っていたんでしょうね、辞退者が出たか何かだと自分は捉えているのですが、「南くんに来てほしいんやけど」と連絡を頂いたのですが、もう自分はA社に決まりましたので、ということでお断りさせて頂きました。A社は大阪と東京しか働く場所がないので、全国転勤でない分、関西に残るチャンスもあるし、関西に帰ってくることもできますし。勤務地が大きいかなと思いました。転勤とかも限られているのでそこも決め手になりましたね。

 

「自分を表す写真」がきっかけに


Q.企業の方に、自分が気に入られたポイントはどこだと思いますか?

A社の人に言われたのが、オファーボックスの中に「自分を表す写真」というお題のプロフィール写真があって、そこにみんな普通は証明書のような自分の真面目な写真を載せるらしいのですが、自分は少しふざけた顔を載せてしまいまして・・・。でも自分はそれがおもしろいんじゃないか、というか、自分を表しているんじゃないかなと思って載せました。そのふざけた顔を載せたら、後々A社の人が「プロフィールにこんなの載せてる人はいない、おもしろいぞ」となったらしく、そこで自分を見つけて下さったというか、企業に呼んで頂くきっかけになったようです。

その後、企業に呼ばれたり飲み会をしている中で、明るくて良い印象だったらしいんです。純粋な感じで喋ってくれるし、というのも言って頂きましたね。思い返すとそれは就活前だったこともあって、自分もそこまで就活に対して深く考えていなくて、ただ興味本位に質問して、いっぱい笑って喋っていたからそういう印象が付いたんだろうと思います。

就活が始まってからはなかなか内定ももらえなくて、すごく不安になったりもしたのですが、A社の面談が進んでいく中で、最終の面談で「南くん暗くなってない?顔とか最初に会ったときと全然違うけど」と言われたんです。自分は「最近野球も忙しくて、就活がなかなか決まらなくて不安なんです。これなら部活を辞めて就活に専念しておけばよかったのかと思っています」と言ったら、「そういうのがあるから仕方がないよね。でも最初に会った時に戻って欲しい。それなら最終に受かると思う。」と言って下さって。それで逆に自信が出たというか、あんな感じでいいんだ、ああやって話せば伝わるんだと思いました。かしこまって話すよりも、自分を出して、普通に人と話すように友達と話すような感じになればいいんだと。それで最終もそんな感じで笑いも交えつつ話すことができました。就活が終わったら「あの時に戻った顔をしている」と言って頂けました。やっぱり自分のそういう明るいところが気に入ってもらえたのかなと思います。

 


Q.人事の方はずっと一緒でしたか?

オファーボックスパーティーで僕が話した方と、ずっと見てくれていた方は別の方で、「オファーボックス採用担当の人が南くんを持ってきたよ」というのを聞きました。自分も、オファーボックスって正直、書いても見てくれてないだろうと思っていたんです。でもしっかりと見てくれているんですね。内定が決まってからの懇親会の時も、あの時自分を見つけて頂いてありがとうございましたと伝えました。その時会うのは二回目で、最初と最後に会っただけだったんですよ。でも感謝を伝えたら、もちろん見ていたよ!ずっと気にしてた!と言って下さったので嬉しかったですね。

 


Q.今から就活を始める後輩に一言お願いします。

とりあえず積極的に動いて色んな人の話をまずは聞きに行くということから始めてほしいです。正直なにがきっかけになるかわからないので。その人から気に入られるかもしれないし。大人の人と話すことによってコミュニケーション能力も上がると思いますし、色んな考え方を持てると思いますし。まずは積極的に動いてたくさんの人と話すということを、自分がもしもう一度就活を始めるのならやりたいですね。それがいい就活に繋がると思います。

 

*体育会学生はオファーボックアスリートに登録しよう♩

lp_btn

17卒体育会500人に就活アンケートを実施

2016年、経団連は新卒採用の選考解禁日を8月1日から2ヶ月前倒しの6月1日変更した。その初めての就活生が17卒の学生である。就活スケジュールの変更は、体育会学生の活動にどのような影響を与えたのか?先輩達のアンケート結果を参考にし、これから始まる就活に活用して頂きたい。

 

オレのぼやき:体育会学生はやっぱり大手思考が強い。向こう5年でベンチャー企業へ就職希望も増えて欲しいとオレは願っている。

 

オレのぼやき:7月時点で約24%の体育会学生に内定が出ていないことにびっくり。公務員志望の学生も含まれていると思うが、8月以降にトップシーズンを迎える競技も多いので早めに就活と向き合っておきたいところ。

 

オレのぼやき:6月以前に半数以上が最初の内定を獲得している。企業側の採用時期が多様化している点を学生にチェック頂きたい。

 

オレのぼやき:すでに引退している体育会学生は、本命企業から内定をもらうまで就活を続ける事は可能。しかし部活を続けている学生は8月以降の活動は困難と言えよう。という意味で実質7月までが勝負という印象。

 

オレのぼやき:見事な分散。春に大会がある競技は多いので体育会学生の就活はやっぱり忙しい。準備が必要だ。

 

オレのぼやき:思った以上に自由に休めるチームが多かった。就活を理由に、好き勝手休みすぎるとチームの和が乱れるという話を良く聞くので注意しよう。

 

オレのぼやき:競技で忙しい中、31%の参加にビックリ。

 

オレのぼやき:体育会学生が納得できる就活をサポートするツール、オファーボックスアスリートに注目したい。

 

*対象   17卒体育会学生 男性395名 女性121名回答
*実施期間 2016年7月6日~7月24日
*調査   株式会社スターフォーム

 

 

体育会学生はオファーボックスアスリートに登録しよう!

lp_btn